むくみケアでマッサージ店を山形市でお探しでしたら。

タイの休日
究極のリラクゼーション

ホーム → 足リフレ(足つぼマッサージ)健康法

足リフレ(足つぼマッサージ)健康法

揉むだけマッサージで血行改善

足のむくみをケアでマッサージをお探しなら

揉むだけマッサージで健康に
足裏からふくらはぎをもむだけ血流が改善。
ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており、ここをもむことによって血行が良くなり、冷えやむくみを解消するということです。 お風呂あがりや寝る前など、また、脚がむくんでいるときなどにふくらはぎをもみほぐすとよいでしょう。 その後寝る時は足を心臓より高く上げてそのまま寝ると良いでしょう。

血液や水分はどうしても下半身に集まりやすいので、長時間同じ姿勢を続けていると血液が滞ります。 足に血液がたまると、全身にまわる血液の量が少なくなり、ほかの重要な器官に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。 これを防ぐには、足裏からふくらはぎまでをもみほぐすことです。
足裏やふくらはぎが硬くなっていたり、冷たい場合は要注意なので、さわってみてください。冷え性のかたも要注意です。
足の感覚がマヒしている場合、症状が重くても気づけないことがあります。 とくに、立ち仕事をしていたり、長時間車の運転をしている人は気をつけてください。 女性の方はふくらはぎの筋肉量が男性より少ないのでむくみやすく、放って置くと「下肢静脈瘤」になるケースが多いです。

足裏からふくらはぎのマッサージ方法

@安定した場所に腰を下ろして、両足をまっすぐ伸ばしてください。
A片方の膝を曲げて、膝裏を軽く指圧していきます。軽く円を描くように10回くらい行ってください。
B足裏を片方ずつ叩いて下さい。15回程度を両足。
C両足首を内回り・外回りとゆっくり足首全体を10回くらい回します。
D両方の手のひら、または親指でふくらはぎの内側から外側、足首のあたりからひざに向かって、ゆっくりと押していきます。
Eひざ下まできたら、今度は足首に戻ります。
F右足が終わったら、同じ要領で左足をもみほぐしましょう。
右足、左足ともに、3分程度マッサージしてください
なかなかご自分で出来ない方
足がむくんいるのはわかっているけど、疲れてなかなか自分ではできない方は、放って置いたら下肢静脈瘤など病気になってしましますので、絶対に放置はいけません。
仕事終わりで疲れてセルフケアができないなら、タイの休日までご相談ください。
当店の男性セラピストや女性セラピストによりむくみケアと癒しを施します。
足の表裏にマッサージオイルやマッサージクリームで馴染ませ足裏全体をケアし足の表を軽く施術いたします。
施術時間は17分のみですが、ひざ下から足裏まで全体的に施術を受けたいのでしたら、17分コースのティケットを2枚購入していただければ、ふくらはぎから足裏までしっかりとしたケアと最高の癒しの時間をご提供いたしております。

タイの休日 足裏マッサージ

タイの休日は、足リフレ(足つぼマッサージ)の他に耳リフレ(耳つぼマッサージ)、腸もみマッサージ、全身もみほぐし、タイ式マッサージをメニューに揃え、総合的なリラクゼーションがご提案できます。足のむくみケアで血流改善後に腸もみマッサージを追加で行うことで、内臓の血流も改善されより一層のケアに期待できますので、お気軽にご相談ください。

PageTop